/

この記事は会員限定です

沖縄県、ロシアと観光や水産で交流拡大へ

[有料会員限定]

沖縄県がロシアと観光や水産業などの経済交流拡大を目指し、動き出した。玉城デニー知事らが6月以降、相次ぎロシアを訪問し、観光客の誘致や海産物の輸出などを検討することを確認した。今後、自治体同士などで経済交流に関する覚書(MOU)を結ぶ方針だ。主力の観光産業で新しい誘客する地域として期待の声があがる。

玉城知事が4月にロシア大使館を訪問した際、訪ロを要請されたことから、6月にサンクトペテルブルクを訪問...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン