岩手・陸前高田、憩いと学びで高田松原のにぎわい再生
(東奔北走)

2019/10/4 14:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災の津波で壊滅的な被害が出た岩手県陸前高田市の景勝地「高田松原」に9月下旬、道の駅が再建され、1週間余りで約3万8000人を集めるなど好調なスタートを切った。津波の教訓を伝える施設や国営追悼・祈念施設と一体的に整備されたのが特徴で、「憩い」と「学び」の相乗効果でにぎわいを再生、震災前を上回る年間70万人の集客を目指す。

道の駅高田松原の正面入り口付近にあるカフェ「すなば珈琲(コーヒー)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]