ジョルダン、大分市で観光客向けMaaS

2019/10/4 13:18
保存
共有
印刷
その他

乗り換え案内サービスのジョルダンは大分市で大分バス(大分市)の乗車券と飲食店などの優待券を組み合わせたモバイルチケットの販売を始めた。スマートフォンのアプリで利用できる。乗り換え案内から切符、優待までサービスを一元化し、観光客の利便性を高める。愛知県豊田市に続く第2弾の次世代移動サービス「MaaS(マース)」として手がける。

ジョルダンの乗り換え案内アプリからモバイルチケットを購入することができる(1日乗車券ワイドとおおいた1DAYパスの購入画面)

利用者はジョルダンの乗り換え案内アプリからモバイルチケットを購入。バス乗車時に整理券を受け取り、下車時に乗務員にアプリのチケット画面を提示して利用する。経路検索から大分市内での移動を一括し観光客をサポートする。チケットの販売・利用期間は31日までを予定しているが、延長の可能性もあるという。

今秋開幕したラグビーワールドカップで大分市には国内外から多くの観光客が訪れることが予想される。バス1日乗車券と飲食店や観光施設の優待券をセットにした「おおいた1DAYパス」(大人1300円、小人650円)と1日乗車券のみの「1日乗車券ワイド」(大人1120円、小人560円)の2種類をそろえた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]