環境省 環境経営の表彰制度新設
新宿御苑の開園時間前倒しも

2019/10/4 12:28
保存
共有
印刷
その他

小泉環境相は「ESGファイナンス・アワード」のロゴマークを披露した(4日、東京・千代田)

小泉環境相は「ESGファイナンス・アワード」のロゴマークを披露した(4日、東京・千代田)

小泉進次郎環境相は4日の閣議後の記者会見で、環境を重視した企業経営を評価する新制度「ESGファイナンス・アワード」を創設すると発表した。投資家や銀行、保険会社などを対象に、環境への取り組みを企業価値の向上などにつなげている例を表彰する。環境や社会分野への投融資の拡大を促す。

投資家、融資、金融サービスなど5部門を設け、同日から募集を始める。環境への貢献度合いを経営戦略や情報開示、経営層のインタビューなどから評価する。2020年2月に表彰する。表彰された企業は、同省が作製したロゴマークを使えるようになるという。

さらに、新宿御苑(東京・新宿区)の開園時間を10月22~27日は通常より2時間早め、午前7時にすることも明らかにした。東京五輪が近づき訪日外国人観光客が増加する中で、朝の散策で利用したいといった要望があったという。実施結果を踏まえて、20年5月から本格実施を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]