基礎年金のみは1500万人 目減り幅大きく備え重要

2019/10/5 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

8月末に公表された年金財政検証では、20歳以上が加入する基礎(国民)年金の将来の目減りの大きさが鮮明になった。基礎年金だけしかない第1号被保険者は約1500万人。そのうち老後も継続収入が見込める自営業者は2割弱にすぎず、大半が短時間労働者や無職なのが現状だ。

【関連記事】年金「大幅減」に潜む誤解 実質額、代替率ほど減らず

どれくらい減るのかを、財政検証の6つの経済前提のうち標準的な例として報道さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]