/

この記事は会員限定です

軟調の綿花相場 米豊作見通しと米中対立が重し

[有料会員限定]

木綿の原料となる綿花相場の軟調が続いている。最大の生産国である米国が豊作見通しに加えて、米中貿易摩擦を背景にした世界需要の減少懸念が背景だ。底値とみた一部需要家が買いに動いているものの、相場を押し上げる材料は見当たらない。綿花安は日本市場に波及しており、綿糸や綿布の取引価格を押し下げている。

指標となるニューヨーク先物(期近)は足元で1ポンド60セント前後。約3年5カ月ぶりの安値をつけた8月下旬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン