都が社会貢献型ファンド、スパークスと100億円規模

2019/10/4 10:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都とスパークス・アセット・マネジメントは2020年2月をめどに社会貢献型ファンドを100億円規模で創設する。国内各地の再生可能エネルギー事業を投資先とし、障害者支援などに収益の一部を寄付する。世界で環境や社会貢献を重視したESG投資が拡大しており、都は独自のファンドで普及を促す。

4日午後に小池百合子都知事が発表する。都はファンドに5億円を出資する。再エネファンド運営で実績があるスパークスを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]