/

この記事は会員限定です

トウモロコシ、買い材料もかき消すブラジルの輸出急増

商品部 飯島圭太郎

[有料会員限定]

トウモロコシの国際相場が急落局面を脱した。シカゴ先物(中心限月)は10月上旬時点で1ブッシェルあたり3.9ドル前後。9月初旬には3.4ドルと約4カ月ぶりの安値まで落ち込んだが、1カ月で1割戻した。米農務省が9月30日発表した四半期穀物在庫(9月1日時点)の減少が手がかり。ただ、このところのトウモロコシ相場に出ては消える様々な材料は穀物市場で存在感を増しているブラジルの前ではかすみがち。今回も上昇局...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン