/

この記事は会員限定です

WeWorkが問うソフトバンクの影響力

米州総局 清水石珠実

[有料会員限定]

3日のダウ工業株30種平均は3日ぶりに反発し、122ドル高の2万6201ドルで引けた。朝方に景気減速を示す経済指標が発表されると一時は300ドル超下げる場面もあった。だが、売り一巡後は、景気減速を背景に米連邦準備理事会(FRB)が追加利下げに踏み切る環境が整ったとの見方が出て、買いを誘った。

市場関係者の間では追加利下げと並び、週初に上場申請撤回に追い込まれたシェアオフィス「ウィーワーク」を展開す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン