/

この記事は会員限定です

NYダウ乱高下、景気懸念と利下げ観測で揺れる

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米国株式市場では3日、ダウ工業株30種平均が景気懸念と利下げ観測で乱高下した。9月の非製造業の景況感が市場予想以上に悪化し、一時300ドル安超まで売られる場面があった。一方、米連邦準備理事会(FRB)が景気の底割れを防ぐため追加利下げに動くとの見方が急速に広がり、プラス圏で取引を終えた。4日の雇用統計発表を控え、市場は警戒姿勢を強めている。

ダウ平均は3日ぶりに反発し、前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン