リーバイスがスマートジャケット グーグルの技術活用

2019/10/3 21:30
保存
共有
印刷
その他

ジーンズ大手のリーバイ・ストラウスジャパンは3日、袖口をこするなどの動作でスマートフォンを操作できるジャケットを5日に発売すると発表した。価格は2万7500円。デニムジャケットの袖口に米グーグルが開発した導電性の繊維と板ガム状の専用機器を組み込んだ。音楽の再生や道案内などのアプリが使える。

左の袖口に触れることで簡単に操作ができる(白い円は撮影用に設置)

リーバイスの店舗やセレクトショップ大手のビームス(東京・渋谷)の一部店舗で販売する。

袖口を触ると専用機器を介してスマホに指示が飛ぶ仕組みだ。スマホに専用アプリをダウンロードし、どういった動作でどの機能を使えるようにするかを設定する。イヤホンなどを使えば通話も可能だ。ジャケットを洗濯する際は専用機器を取り外す。

米リーバイ・ストラウスのポール・デリンジャーブランドイノベーション部門副社長は「アプリの機能は随時追加していく」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]