関電幹部、業者からも金品 「地元支援」公正さに疑念

2019/10/3 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力の幹部が福井県高浜町の元助役だけでなく、元助役と関わりのある建設会社からも金品を受領していたことが分かった。関電は原発立地地域への支援策として地元業者に優先的に工事発注する方針を取ってきたが、不透明な金品の授受によって公正さに疑いの目を向けられる事態となっている。

関電の説明などによると、原子力事業本部の副事業本部長だった大塚茂樹・常務執行役員は、高浜町の建設会社「吉田開発」から現金10…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]