「NHKは暴力団と一緒」 郵政の鈴木副社長が発言

2019/10/3 20:18
保存
共有
印刷
その他

かんぽ生命保険の不正販売問題を報じたNHK番組に日本郵政グループが抗議していた問題で、鈴木康雄・日本郵政上級副社長(元総務事務次官)は3日、番組の取材手法について「暴力団と一緒」と発言した。国会内での野党合同ヒアリング後、記者団に語った。

鈴木氏は、NHK側から「取材を受けてくれるなら(情報提供を呼び掛ける)動画を消す」と言われたと説明し、「そんなことを言っているやつの話を聞けるか。それじゃ暴力団と一緒でしょ。殴っておいて、これ以上殴ってほしくないならもうやめてやる、俺の言うことを聞けって。ばかじゃないの」と不満を述べた。

この発言を受け、同日のNHK会長定例会見で同局幹部は「丁寧に取材交渉していると認識しているので正直驚いている」との見解を示した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]