/

この記事は会員限定です

フードバリアフリー広がる ハラル食やビーガンに対応

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

企業や飲食店、自治体などが菜食主義者(ベジタリアン)やイスラム教徒(ムスリム)らが安心して口にできる食事への対応を強化している。契機となっているのが、インバウンド(訪日外国人)急増と2020年東京五輪・パラリンピックだ。高齢者を含めて誰もが安心して食事を選び、楽しめる「フードバリアフリー」の環境づくりが広がっている。

9月26日、東京・渋谷のモスクに飲食店関係者ら約10人が集まった。モスク内を見学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン