スカイディスク、AIで設備異常検知 超音波波形解析

2019/10/3 19:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

IT(情報技術)ベンチャーのスカイディスク(福岡市)はAI(人工知能)を使い、タンクや配管などの異常を見つけるシステムを開発した。超音波検査の波形データをもとに、傷の有無などをAIが判定する。通常は数週間かかる検査が大幅に短縮できるほか、目視では難しい箇所も判定できるという。化学プラントやインフラでの利用を見込み、早期にサービス開始を目指す。

開発した新システムは「スカイエーアイの超音波ソリュー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]