/

この記事は会員限定です

国内最大規模の肉牛繁殖拠点、佐賀県が構想 子牛増産

[有料会員限定]

佐賀県は肉牛の子牛増産と繁殖農家の負担軽減を目指し、全国最大規模の「ブリーディングステーション」を整備する構想を打ち出した。設置・運営するJAからつなどと協力し母牛約250頭を飼養、種付けから分娩までを農家に代わって実施する。不妊牛の治療やリハビリなども行う「牛の産婦人科」とも呼べる機能を備え、すでに稼働している子牛の育成施設「キャトルステーション」とともに、不足する子牛の増産をはかる。

九州は国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン