ウーバーイーツ配達員が労組、補償求める声強く

2019/10/3 19:15
保存
共有
印刷
その他

ウーバーイーツユニオンの設立総会には配達員17人が参加した(3日、東京・渋谷)

ウーバーイーツユニオンの設立総会には配達員17人が参加した(3日、東京・渋谷)

宅配などを手掛けるウーバージャパン(東京・渋谷)のサービス「ウーバーイーツ」の配達員は3日、労働組合の設立総会を開いた。配達員への補償拡大や報酬の透明性をウーバージャパンに求めていく。空き時間に単発の仕事をこなす「ギグワーカー」が企業に補償を要求する声は世界で高まり、米カリフォルニア州では新法もできた。待遇改善を求める動きが日本にも広がってきた。

【関連記事】 Uber Eats、配達員のケガを民間保険で補償

配達員による労働組合「ウーバーイーツユニオン」は東京都内の会議室で設立総会を開き、17人が組合員として参加した。執行委員長に選ばれた前葉富雄さん(29)は「団体交渉などを通して労働条件の改善につなげていきたい」とする設立趣意を読み上げた。

配達員への補償や報酬を決めるシステム、配達員の勤務実態などの情報公開を会社に求める。団体交渉を申し入れる時期などは未定だという。

ウーバージャパン側は配達員の確保のため、補償拡大に動いている。これまで配達員が業務中に他人にケガをさせたり、物を壊したりした場合だけ補償していたが、1日に配達員自身のケガにも補償対象を広げた。同社は労組側から通知を受けていないとした上で「配達パートナーのニーズと真摯に向き合っていく」とコメントした。

ウーバーイーツの配達員のようなギグワーカーは、法律上個人事業主として扱われる。このため最低賃金や労災保険、有給休暇などの会社員を守る仕組みが適用されない。米国ではライドシェアのウーバーテクノロジーズやリフトなどの運転手たちが待遇改善を求めている。カリフォルニア州ではこうした声を受け9月18日、従業員の範囲を広げる新法が成立した。

ギグワークはこれまで想定されていなかった働き方だけに、法律や労働者を守る仕組みも未成熟だ。ただ規制が厳しすぎると「ギグ」に関連するサービスや働き方自体も萎縮しかねない。今後も企業とギグワーカーの関係は手探りの状態が続く。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]