マクラーレン、世界初の直営中古店 英本社を再現

2019/10/3 19:01
保存
共有
印刷
その他

英マクラーレン・オートモーティブの日本法人は4日、世界で初めての直営の中古車販売店(東京・江東)をオープンする。ショールームを含めて約12台を展示できる。開放感がある英国本社オフィスのイメージを再現した。マクラーレン正規認定の中古車を直接扱うことで、新規ユーザーを含めてファンの裾野を広げる。

「マクラーレンクオリファイド東京」は、英国の本社をイメージしたデザインにした(東京都江東区)

新店舗「マクラーレンクオリファイド東京」は、湾曲した大きな窓を採用し、外光が入りやすい店舗設計にした。2階にソファやテーブルを置き、来店者がくつろげるようにした。英国に置く本社の雰囲気に近づけ、高い技術を誇るマクラーレンの世界観を伝える。

マクラーレンが中古車で直営店を扱うのは世界初となる。これまでは代理店が、国内で認定中古車を買い取り・販売していた。直営店ならではのサービスを提供することで、話題性を集めて集客力を高める狙い。

マクラーレンの2019年の国内販売台数は、9月時点で300台を超えている。18年実績の225台を上回り、好調に推移する。日本の保有台数は1000台超とされる。

マクラーレンは超高級スポーツ車。マクラーレン・オートモーティブ・アジアの日本支社代表の正本嘉宏氏は「近寄りがたいと感じていた顧客にも、幅広く体験してほしい」と説明した。(平塚達)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]