川内原発、工法工夫で停止期間短縮 テロ対策施設

2019/10/3 18:53
保存
共有
印刷
その他

九州電力は3日、義務付けられたテロ対策施設の建設が遅れている川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)1、2号機について、建設工事のために稼働停止すると発表した。定期検査を前倒しする形で1号機は2020年3月から約9カ月間、2号機は20年5月から約8カ月間停止する。同日の記者会見での主なやりとりは以下の通り。

――これまで約1年遅れる見通しだった。

豊嶋直幸原子力発電本部長「4月に申し上げたのは、約…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]