伊丹空港方面5分短縮、接続道路が20年1月開通

2019/10/3 21:24
保存
共有
印刷
その他

阪神高速道路会社は3日、大阪市内から大阪国際(伊丹)空港など北摂方面へ向かう時間を5分程度短縮する接続道路(信濃橋渡り線)が2020年1月末に開通すると発表した。信濃橋渡り線は169億円をかけて建設中。用地買収に時間がかかり、計画より約3年遅れの開通となる。

環状線より西側の大阪港線や神戸線からは、環状線を半周しないと北摂へ向かう池田線や大阪府守口市へ向かう守口線へ入れない。信濃橋渡り線は1日1万5500台の通行を見込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]