世界の市場、景気減速に警戒感
日経平均436円安 米株は約1カ月ぶり安値

2019/10/3 19:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の金融市場が景気減速に対する警戒感を強めている。米国の景気指標の悪化をきっかけに、2日の米国株は約1カ月ぶりの安値水準に下落し、3日の日経平均株価の下げ幅は前日比436円安と今年5番目の大きさとなった。2日には米国が欧州連合(EU)に対する報復関税を発動すると表明したほか、香港情勢も好転の兆しがない。一時上昇の兆しを見せていた世界主要国・地域の株価は、軒並み約1カ月ぶりの安値圏に戻っている。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]