ノーベル賞、科学3賞注目の日本人は? 7日から発表

小玉 祥司
科学&新技術
編集委員
2019/10/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年のノーベル賞の発表が7日から始まる。18年の生理学・医学賞を受賞した本庶佑京都大学特別教授に続いて2年連続受賞があるか。日本の候補者を展望する。

■生理学・医学賞(7日午後6時30分発表)

初日に発表される生理学・医学賞で注目されるのが森和俊京都大学教授。細胞内の「小胞体」と呼ばれる器官が異常なたんぱく質を分解したり修復したりする仕組みを解明、ノーベル賞の登竜門とされるラスカー賞をはじめ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]