/

NECの顔認証、5回連続で世界1位に

NECの技術は高い精度で人の顔を認識できる。

NECは3日、米国国立標準技術研究所(NIST)による顔認証のベンチマークテストで世界1位だったと発表した。NECが1位になるのは5回連続。1200万人の静止画の認証でエラー率が0.5%だった。NECは外部の機関による評価を追い風に、国内外の企業や政府機関に自社の顔認証技術を導入したい考えだ。

テストには米国や中国、ロシアの企業や研究所が参加した。NECは49組織のうち1位で、2位のエラー率の4分の1以下だった。今回のテストは参加企業などが同時期に開発したプログラムをNISTに提出して評価してもらう方式。他のテストに比べて客観性が高いという。

NECは顔認証を企業などに導入している。NECがセブン銀行に導入し始めた新型ATMは顔認証で本人確認ができる。航空連合のスターアライアンスが採用するなど空港での活用にも力を入れる。

NECは第三者の機関が技術力の高さを認めたことをアピールし、2020年の東京五輪など今後の導入拡大を加速したい考えだ。同社で顔認証技術の開発を率いる今岡仁フェローは「(NISTの結果が)東京五輪で訪れる世界各国の人に安心してもらう証拠になった」と話す。

(清水孝輔)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン