/

この記事は会員限定です

免税店大手DFS、シンガポールとハワイで人員削減

米中摩擦など影響

[有料会員限定]

【シンガポール=谷繭子】仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)傘下で香港を拠点とする免税店大手のDFSグループは、シンガポールとハワイで人員削減に乗り出した。対象は店舗や間接部門で、合計数百人に上る。人件費の削減を急ぐ背景には、香港で長期化するデモや米中関係の悪化の影響が指摘されている。

シンガポールの人員削減については、DFSは9月下旬に対象者に通達し、2日に社外に公表した。削減規模は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン