被写体と共振する監督の魂  映画「典座―TENZO―」

アートレビュー
2019/10/4 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「サウダーヂ」「バンコクナイツ」の富田克也監督の新作。全国曹洞宗青年会の製作だが、よくある宗教のPR映画ではない。まぎれもなく富田の映画だ。

雪の永平寺の修行僧たちの場面から始まる。智賢(ちけん)はここでの修行を終え、自分が生まれた山梨県都留市の耕雲院の僧侶となった。

精進料理を作る妻、食物アレルギーを抱えた3歳の息子と共に暮らす智賢。全国曹洞宗青年会の副会長でもあり、精進料理教室やヨガ坐禅(ざ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]