爆発する怒り、悪役の誕生  映画「ジョーカー」

アートレビュー
2019/10/4 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ジョーカーはDCコミックス「バットマン」に登場する悪役。かつて大物俳優ジャック・ニコルソンが演じ、この役でアカデミー賞助演賞を受賞したヒース・レジャーの恐怖がしたたる不気味さが話題を呼ぶなどしてきたが、今回はジョーカー誕生の過程を描く闇黒(あんこく)ヒーロー映画になった。

酔っ払い男たちの大騒ぎを描く『ハングオーバー!』シリーズ3部作のトッド・フィリップスが監督。1作目ではワケもなく虎を登場させ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]