JOLEDのパネル、EIZOが採用

2019/10/3 16:21
保存
共有
印刷
その他

パナソニックソニーの有機EL事業を統合したJOLED(ジェイオーレッド)は同社の有機ELパネルがモニター大手のEIZOに採用されたと発表した。動画などのコンテンツ視聴用の製品に高精細な4Kパネルを供給する。成長市場の高級モニター向けの製品展開を強化する。

JOLEDがパネルを供給するEIZOのモニター

EIZOとして初の有機ELモニター「FORIS NOVA」に採用された。明暗差を広く表現する技術「HDR」に対応している。EIZOによると、FORIS NOVAの直販価格は35万円(税抜き)。日本で11月1日に販売を始め、米国や欧州、中国と合わせて限定500台を販売する。JOLEDは有機ELパネルの量産効率を高められる独自の「印刷方式」が強みだ。これまでソニーの医療用モニターや、台湾ASUS(エイスース)の高級モニターにパネルを供給してきた。

(龍元秀明)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]