プレーバック

フォローする

卓球「三姉妹」、悲願の初メダル 2012年ロンドン五輪

Tokyo2020
2019/10/3 18:00
保存
共有
印刷
その他

1988年ソウルから五輪競技となった卓球だが、日本の初メダルまで24年の月日を要した。そのときは2012年ロンドン。平野早矢香(27)、福原愛(23)、石川佳純(19、いずれも当時の年齢)の「三姉妹」が団体戦銀メダルをつかみ、日本卓球界の悲願をかなえた。

ロンドン五輪の卓球女子団体で日本は銀メダルを獲得(2012年8月、ロンドン)

ロンドン五輪の卓球女子団体で日本は銀メダルを獲得(2012年8月、ロンドン)

ハイライトはシンガポールとの準決勝。第1試合のシングルスを託された福原が大きな仕事をした。相手のフェン・ティアンウェイは個人戦銅メダリスト。過去の対戦成績でも日本の3人は圧倒されていたが、3-1で勝利した。「福原さんが勝ってくれて、こわいものはないと思えた」と石川も第2試合を制すと、第3試合のダブルスも石川と平野のペアが相手ペアを圧倒した。

3人は2枠しかない個人戦出場を争ったライバルでもあった(平野が落選)。それぞれが実績十分で個性も強かったが、本番では力を結集させてチームになった。異なる個性を束ねた村上恭和監督の手腕も見事だった。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
アテネ五輪の男子ハンマー投げで繰り上がり優勝、授与された金メダルを手に笑顔の室伏。左は銀のイワン・チホン=共同共同

 日本が2004年アテネ五輪で獲得した金メダルは1964年東京五輪と並ぶ過去最多の16個。その最後は陸上男子ハンマー投げの室伏広治が締めくくったが、悲願の金メダルは帰国後に日本で受け取った。
 決勝の6 …続き (11/14)

ロサンゼルス五輪の開会式で空を飛ぶ「ロケットマン」=APAP

 1984年7月、ロサンゼルスの空から噴射装置を背負った「ロケット人間」がスタジアムに降り立った。世界を驚かせた開会式の演出、カール・ルイスの陸上4冠などで記憶に残るロス五輪は今に続く「商業五輪」の原 …続き (11/7)

五輪の陸上男子100メートルで初めて10秒の壁を破ったジム・ハインズ=APAP

 陸上男子100メートルで桐生祥秀が日本選手初の9秒台となる9秒98を出したのは2017年9月。五輪で初めて10秒の壁が破られた瞬間はさらに半世紀さかのぼり、1968年メキシコ五輪のジム・ハインズ(米 …続き (10/31)

ハイライト・スポーツ

[PR]