/

この記事は会員限定です

SBI、事業承継ファンド 1000億円 地銀を支援

[有料会員限定]

地銀連合構想を進めるSBIホールディングス(HD)は事業承継に悩む中小企業に投資するファンドを設立した。1号ファンドは100億円規模となる見通し。最終的には総額1000億円規模を想定している。中小企業が経営者の後継者難で経営が行き詰まるケースが相次いでいる。地銀にとっても融資先の事業承継は課題で、地銀支援の効果を狙う。

傘下のSBI地域事業承継投資(東京・港)が主導し、ファンドを1日に設立した。1号ファンドには東邦銀行、常陽銀...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り433文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン