/

この記事は会員限定です

データ共有とまちづくり(6) 始まった官・民の対話

筑波大学教授 川島宏一

[有料会員限定]

公共データの共有は、様々な主体による地域の問題解決を促進する効果を持ちます。しかし、実際に子育て支援や健康づくり、高齢者福祉などの分野で問題解決に取り組もうとすると、公共データの公開は量・質ともに不十分であることに気づきます。

そこで、政府(内閣官房)は、昨年1月から「オープンデータ官民ラウンドテーブル」という取り組みを始めました。ここではデータを必要としている企業・団体などと、そのデータを保有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り638文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン