/

札幌の住宅に高齢男性遺体 顔から出血、殺人の疑い

(更新)

3日午前0時10分ごろ、札幌市北区新琴似6条12の住宅で、住人の会社経営、阿部芳彦さん(76)が倒れているのを、安否確認に訪れた阿部さんの息子(51)が見つけ、その後死亡が確認された。顔から出血しており、北海道警は殺人の疑いが強いとみて、遺体を司法解剖するなどして調べる。

道警によると、顔に暴行を受けたような痕があり、床に小さな血痕があった。室内が荒らされた形跡は確認できなかった。現場は元店舗を含む2階建てで、遺体は2階の居住部分で見つかった。

阿部さんは札幌市内でコンビニエンスストアを経営する会社の代表取締役。妻は入院中で、阿部さんはひとり暮らしだったとみられる。阿部さんはコンビニの給食サービスを利用しており「ここ2~3日、受け取りに来ない」と連絡を受けた息子が発見した。

近所の男性(75)は「(阿部さんは)奥さんを大事にしていた。会えばあいさつをしてくれて、トラブルを起こしてもめるような人ではなかった」と話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン