/

この記事は会員限定です

「日本の仮想通貨狙われる」ICPOサイバー捜査分析官

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

サイバー攻撃が世界的に激しさを増している。金銭目的から情報操作、テロ工作まで内容は様々。犯罪のプロ集団の関与が指摘されるなど手口も巧妙化している。狙いは何か。日本はどう備えるべきか。国際刑事警察機構(ICPO)の専門組織に出向し、サイバー捜査の分析官を務める福森大喜氏(39)に聞いた。

デビュー戦は「ボットネットつぶし」

――ICPOでサイバー捜査の仕事を始められたきっかけは何ですか。

「もともと私はNECグループのサイバーディフェンス研...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2861文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン