/

この記事は会員限定です

暮らし克明に描写 絵画でたどる「もうひとつの明治」

「おかえり『美しき明治』展」、英国人画家の影響も

[有料会員限定]

明治維新、文明開化という言葉に象徴される明治時代のイメージは、もしかしたら明治の一面しかとらえていないのかもしれない。東京の府中市美術館で開催中の「おかえり『美しき明治』展」を見ると、そんな思いに誘われる。300点近い絵画からは、従来の美術史が取り逃していた「もう一つの明治」の姿が見えてくる。

今日の我々が抱く明治のイメージは、大きく分けると二つの時代に象徴されているように思われる。一つは幕末から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1615文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン