/

この記事は会員限定です

玉城知事「大国」行脚 10月訪米、ロシアとも接近

基地のある島 沖縄の風景

[有料会員限定]

4日に就任1年を迎えた沖縄県の玉城デニー知事が「大国」に相次ぎ訪問している。10月中旬には知事として2度目となる訪米で米軍基地の負担軽減を訴える。4月には経済関係の強化を狙い、中国を訪問した。さらに最近加わったのがロシアだ。米軍普天間基地の移設問題の膠着も、沖縄とロシアの接近の背景として指摘されている。

「過剰な基地負担の現状を説明し、基地問題の解決について理解と協力を求めたい」。玉城氏は9月の記...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン