ドラギ総裁 最後のマジック? 門間一夫氏
みずほ総合研究所エグゼクティブエコノミスト

エコノミスト360°視点
2019/10/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州中央銀行(ECB)は9月12日、マイナス金利の深掘り、資産買い入れの再開を軸とする包括的な金融緩和策を決めた。しかし、今回は意見がかなり割れたと伝えられる。とくに、技術的な限界も指摘される資産買い入れの再開については、経済がそこまで悪いわけではない、との反対意見が多かったもようだ。それでもドラギ総裁が、現時点で可能な手段をすべて詰め込むことにこだわったのはなぜなのだろうか。

「2%近く」とい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]