デンソー、インドネシアで保冷輸送の実証実験

2019/10/3 19:00
保存
共有
印刷
その他

デンソーはこのほど、自動車向けの金融サービスを手掛けるグローバル・モビリティ・サービス(GMS、東京・港)と組み、インドネシアで小口保冷輸送サービスの実証実験を始めると発表した。生鮮や冷凍食品などを商業施設や家庭に配送する実験を展開し、現地での需要や課題を検証する計画だ。

デンソーの小型冷凍機を搭載した小型保冷車をドライバーに貸し出す。GMSは車両ローン関連のサービスにつなげる。

東南アジア諸国連合(ASEAN)では食生活の多様化や電子商取引(EC)の普及で、冷凍・冷蔵食品の需要が拡大している。一方で保冷車の不足などの課題も抱えており、両社は実験を通して、保冷車の導入やドライバー確保に向けた取り組みにつなげる考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]