関電問題、「電力改革」に冷水 主導役不在で足踏みも

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/10/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電力業界が揺れている。関西電力の役員らが原子力発電所がある福井県高浜町の元助役から金品を受領していた問題は、同社に経営の軌道修正を迫るだけではない。原発再編や発送電分離といった一連の改革は、原発事故で経営が厳しくなった東京電力ホールディングスに代わり関電が業界の主導役となっていた。関電問題は日本の電力システム改革を足踏みさせる恐れもある。

関電の高浜原発がある福井県高浜町の元助役・森山栄治氏(2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]