「生活の糧失われる」 英強硬離脱におびえる仏漁師
ブレグジット前夜(4)

英EU離脱
ルポ迫真
ヨーロッパ
2019/10/9 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ドーバー海峡に面した仏北部の港町ブローニュシューメール。遠くにグレートブリテン島を臨み、英海域は目と鼻の先だ。フランス最大の漁獲量を誇るこの町では、多くの漁師が英海域まで出かけて魚を捕っている。しかし「合意なき離脱」になれば、漁獲高の約6割を依存する英海域から締め出され、生活の糧を失ってしまう。「強硬離脱を辞さないジョンソン英首相は危険だ」。漁師のステファン・ピント(53)は不安そうだ。

英国の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]