参院、福祉車両導入へ れいわ新人らに3台

2019/10/3 13:16
保存
共有
印刷
その他

参院議院運営委員会は3日の理事会で、重い身体障害があるれいわ新選組の船後靖彦氏ら3人の議員活動に対応するため、車いすのまま乗り降りできる福祉車両3台を公用車として導入することを決めた。購入費は3台で約1300万円。導入には5カ月程度かかる見通しだ。

参院選で初当選したれいわの船後、木村英子両氏と、冬季パラリンピック元選手で国民民主党の横沢高徳氏が導…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]