ノーベル賞史にみる「科学の苦闘」
編集委員 矢野寿彦

矢野 寿彦
Nikkei Views
編集委員
2019/10/4 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今年のノーベル賞の発表が7日の生理学・医学賞を皮切りに始まる。物理、化学と続く自然系3賞は学術研究のいわば最高峰の証し。人類の英知ともいえる科学の本質にこだわって120年近く顕彰してきた。

ノーベル賞はダイナマイトの発明で富を築いたスウェーデンの科学者、アルフレッド・ノーベルの遺言に沿って1901年に始まった。毎年、日本人の受賞者が出るたびにメディアは大騒ぎし、人物像にスポットがあたる。マリー・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]