/

この記事は会員限定です

ノーベル賞史にみる「科学の苦闘」

編集委員 矢野寿彦

[有料会員限定]

今年のノーベル賞の発表が7日の生理学・医学賞を皮切りに始まる。物理、化学と続く自然系3賞は学術研究のいわば最高峰の証し。人類の英知ともいえる科学の本質にこだわって120年近く顕彰してきた。

ノーベル賞はダイナマイトの発明で富を築いたスウェーデンの科学者、アルフレッド・ノーベルの遺言に沿って1901年に始まった。毎年、日本人の受賞者が出るたびにメディアは大騒ぎし、人物像にスポットがあたる。マリー・キ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1399文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン