米軍がICBM発射実験 中国、北朝鮮けん制か

2019/10/3 12:59
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=共同】米空軍は2日、核弾頭搭載可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)ミニットマン3の発射実験を同日未明、西部カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地で実施したと発表した。弾頭は搭載していなかった。

米空軍は実験で「21世紀の脅威に対する米国の核抑止力を示した」と指摘。軍事パレードで最新兵器を誇示した中国や、弾道ミサイル発射を強行した北朝鮮をけん制する狙いがあるとみられる。

米空軍は、太平洋のマーシャル諸島方面に向けてミニットマン3の発射実験を定期的に実施している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]