ラグビー「ケルト民族と日本」 芸術文明史家 鶴岡真弓

エッセー
2019/11/5 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

9月28日静岡。ラグビーW杯、対アイルランド戦は、「桜」を胸に飾った日本チームが逆転勝利。緑の巨人を倒したジャイアント・キリングだった。

ラグビーの起源のイングランド、アングロサクソンが上位なのは当然としても、世界ランキング・トップ組にアイルランド、スコットランド、ウェールズという「ケルト民族」が、常にいる。祖先は中世以来イングランド、アングロサクソン系に支配されてきた人々で、米国大統領ケネディ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]