/

NYダウ続落494ドル安、1カ月ぶり安値 雇用伸び悩み

【NQNニューヨーク=川内資子】2日の米株式相場は続落した。ダウ工業株30種平均は前日比494ドル42セント(1.9%)安の2万6078ドル62セントと8月28日以来ほぼ1カ月ぶりの安値で終えた。下げ幅は8月23日以来の大きさだった。前日の製造業指標の悪化に加え、2日発表のADP全米雇用リポートが雇用の伸び悩みを示した。米景気が後退するとの懸念が一段と強まり、ハイテクなど景気敏感株を中心に売りが膨らんだ。

9月のADP全米雇用リポートで非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)は前月比13万5000人増と前月(15万7000人増)から伸び悩んだ。前月分は下方修正された。1日発表の9月のサプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数が10年ぶりの低水準となったのを受けて浮上していた米景気後退入りへの懸念が一段と強まった。

ダウ平均など主な株価指数が下値支持線とされる50日移動平均や100日移動平均を相次いで下回ると売りが加速した。ダウ平均は下げ幅が598ドルに達し、心理的節目の2万6000ドルを下回る場面があった。

株式相場の予想変動率を示す変動性指数(VIX)は前日比で約10%上昇し、不安心理が高まった状態とされる20を上回った。変動率が上昇する場面で機械的に株式を売る「リスクパリティ」戦略をとる投資家からの売りが出ているとの指摘もあった。

アップルやインテルなどハイテク株が売られたほか、原油先物相場の下落もありシェブロンなど石油株の下げが目立った。ボーイングや建機のキャタピラーなど資本財が売られたほか、米長期金利の低下で利ざや縮小の懸念が強まりゴールドマン・サックスなど金融株の下げも大きかった。デルタ航空など運輸株も軒並み下げた。

業種別S&P500種株価指数の全11種が下落。ダウ平均の構成銘柄では医薬・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)を除く29銘柄が下げた。

ナスダック総合株価指数は同123.439ポイント(1.6%)安の7785.246と8月23日以来の安値で終えた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン