関電金品受領、組織対応怠る 「地元の顔」原発で頼り

2019/10/2 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力は2日、役員ら20人が福井県高浜町の元助役から受領した金品の詳細を明らかにした。関電は高浜原子力発電所の地元有力者として長年にわたり元助役を丁重に扱い、金品の受領について組織的な対処を怠っていた。原発事業に透明性が求められるなか、不適切な関係を続けていたコンプライアンス意識の低さが浮かび上がった。

元助役の森山栄治氏(3月に90歳で死去)は会食や自宅への訪問の際に手土産や昇進祝いとして金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]