高浜再稼働、判断難しく 関電問題で福井県民に不信感

2019/10/2 20:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福井県が原子力発電事業を巡って難しい決断を迫られている。関西電力が40年超運転のための安全対策工事を進めている高浜原子力発電所1、2号機の再稼働には地元の同意が不可欠。だが、関電の役員らが原発の立地する福井県高浜町の元助役から金品を受け取った問題を受け、関電の原子力事業全体に対する不信感が高まっている。このまま県が再稼働に同意すれば、県内外から反発の声が上がるのは必至だ。

2日、報道陣の取材に答…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]