/

この記事は会員限定です

オリックス、成績低迷でも売上高倍 2軍でファン獲得

球団経営で勝つ(上)

[有料会員限定]

プロ野球団のオリックス・バファローズは今年の公式戦をパ・リーグ最下位で終えた。オリックスとして最後の優勝はイチロー選手を擁した1996年と12球団で最も遠い。だが球団経営は堅調で売上高が10年で倍増。球場を含めた売上高は福岡ソフトバンクホークスに次ぐパ・リーグ2位集団に入る。成績低迷でもどう稼ぐ集団に変わったのか。球団経営の秘密を探る。

「パンが好きな西村選手と一緒にパンを食べたいです」。大阪湾の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン