国交相に観光業支援要望 千葉県

南関東・静岡
2019/10/2 20:18
保存
共有
印刷
その他

千葉県は2日、台風15号で被災した県内観光業への支援に関する要望書を赤羽一嘉国土交通相、田端浩観光庁長官に提出した。施設・設備の復旧にかかる支援制度の創設のほか、観光客を呼び込むキャンペーン実施などを求めた。国の支援を得て施設の復旧を加速する一方、「被災地」に対する風評被害の発生を防ぎたい考えだ。

国交省や観光庁は観光施設の防災に関連した支援制度も設けているが、県の担当者は「屋根の復旧などピンポイントの支援制度が必要だ」(観光企画課)と指摘。被害の実態に合った支援制度を通じ、被災した県内の観光施設や旅館・ホテルの早期再建を後押しする。

6月に山形県沖で地震が発生した際、観光庁は被災した山形、新潟両県への旅行代金を割り引く観光キャンペーンを官民連携で実施しており、千葉県も同様のキャンペーン開催を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]