/

この記事は会員限定です

県立広島大、災害弱者に「避難保険」 損保と開発へ

[有料会員限定]

県立広島大学は、あいおいニッセイ同和損害保険と共同で、大規模自然災害で大きな被害が予想される際に高齢者らの避難を円滑に促すための保険商品の開発に取り組む。来年中の商品化を目指す。昨年夏の西日本豪雨で逃げ遅れにより犠牲者が拡大したことを教訓に研究する。「避難保険」が実現すれば、広島から新たな保険ジャンルが誕生することになる。

保険会社が介護関連や警備、タクシーなどの企業と避難保険の契約を結び、この企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り850文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン