酪農のカーム角山、アジア最大規模の自動化設備

2019/10/2 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

酪農のカーム角山(北海道江別市)はアジア最大規模の自動化された酪農牧場だ。自動搾乳ロボットを8台導入し、生乳生産量は国内平均の約10倍に達する。サツラク農業協同組合(札幌市)の受け入れ生乳の1割を生産するだけでなく、大手小売り業から受注生産の引き合いも寄せられるようになった。

札幌市中心部から郊外へ車で30分。きれいに手入れされた牛舎は最新技術のショーケースのようで、ほぼ無人。乳牛は首輪のタグで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]